2011年07月16日12:23

王位戦第一局 相振り飛車

こんにちは。
2~3級を行ったりきたりしている
morningです

今回は王位戦第一局で
相振りというとても珍しい展開に
なったので
少し、相振りについて
考えてみたいと思います
詳しい事は個別記事で。


王位戦 公式サイト
http://live.shogi.or.jp/oui/

第1局棋譜
http://live.shogi.or.jp/oui/kifu/oui20110712_13.html

まだ、ご覧になっていない方は上のリンクでどうぞ。


羽生さんが金無双、広瀬さんは美濃囲いになっていますね

何故、羽生さんが金無双をチョイスしたのか?

それは、広瀬さんが穴熊党だからでしょうね。

絶対に、穴熊にはさせない、 そんな声が聞こえてきそうです (笑

昨年の 王位戦 挑戦者決定戦 でも羽生さんは広瀬さんに負けています

そういった意味でも振り穴相手にしたくないために相振りを選んだのかもしれません。

熱戦の末、 羽生さんは負けてしまいました

敗因は不明とのことですが、

金無双&角道 閉じるは 効率がわるいんではないでしょうか

現在、金無双は廃れてきている傾向がありますし

やっぱり、 使うのは難しいかなぁと思います


さて、 まえふりはこの辺で‥ ( 王位戦のくだりはつかみですね

最近の相振りについて考えたいと思います

最近の上級では、相振りでは美濃が一番多いです。

次に金無双。 やはり手軽さや分かりやすさから見て

アマチュアには金無双が人気があるようです

次に矢倉。

対矢倉は一番勝率いいんですけどね ハハ 


相振りがタイトル戦にでてきて

一度、最近の相振りのことを一度、見直してみました

一言で言うと、 中飛車増えた。


彼ら、強いんです 話それまくりですが

相振り中飛車に手を焼いているんです。

中級のころと違って 格が違います

指しこなせてるというか… 。。。

相振りの意外な強敵に子困っている今日この頃です



morning
Comments(0) TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字