2011年01月16日20:06

2011将棋倶楽部24成績

新年から始めた将棋用ノート。
相手陣形、自陣を
メモして戦法の採用率などを
参考にするノート。

やっとこで10局終わったので
とりあえず調子を報告 (笑



まだ、10局しか指してないんですよね (汗

私は対局より、棋書を読むほうを優先しているので。 (と精一杯の言い訳

きりのいいところで 100局といきたいのですが

そんなバンバン指してもねぇ

例えば 5時間フリータイムがあったとして

5時間棋書を読んだ自分と 5時間ネットで指した自分で

どちらが理想像ですか? 私は5時間後の自分は今より強くあって欲しいですね

まぁ 一局締めに指して残りは勉強といった感じが丁度よいような気がします


とまぁ 本題に戻りまして…


全体勝率   0.50

対抗形勝率  0.40

相振り勝率   0.60

自陣   :  美濃 60%  金無双 30% 居玉10%

相手陣  : 穴熊 20% 美濃,居玉,左美濃,銀冠,右玉,舟囲い,金無双,矢倉 10%

…と、10局終わってこんなかんじかな

これを指す度に記録すれば、自分の勉強方針の参考になりますよね

あと、 舟囲い10% (笑

なんなんでしょうね 意外と少ないですねぇ (データが少ないのが原因)

あと、右玉。 これも珍しいなぁ

全体の感想としては 年末年始相振りしか勉強してなかったのが響くなぁ

前は相振り勝率が一割切ってると思うくらいくらい悪かったからなぁ

例えば、居飛車党の方で ▲7五歩つかれたらやる気なくす 見たいな感覚で

‘‘相手が飛車振ったら負け’’

と思ってやっていたんですよねぇ ハハ

相振り感覚(?)というのはものすごい独特で

大駒ばさばさ切る感じが豪快なんですよね

相居飛車は良くわかんないけど、相振りはだんだん苦手意識も薄れてきました

ネットの将棋サークルでは私がよく 『相振りは難しい』『相振りは負ける』

などなど、少し邪魔くさいくらい発言していたのですが

親切にオススメの棋書を教えてくれたりととても助かりました ^^;)A

うーむ相振りができるなら相居飛車も… そういうわけにはいきませんね。。。

とにかく 居飛車穴熊克服と、 四間意外にも何か一つ覚えなきゃな…

名人戦とか出場したら不利だし…


おすすめの振り飛車ないですかねぇ

候補は 石田流、ゴキゲン なのですが

石田流は 超急戦の変化になるのがいやですし、

ゴキゲンは乱戦っぽいイメージがあって力将棋苦手の私には抵抗あります

正統派四間はがちがちの定跡戦法ですし、 他の振り飛車に比べて

抵抗する理由もないですし便利なんですよねぇ

相振りのほうが微妙に勝率いいので (一局だけ 

対抗形のほうもおろそかにできないなぁ…と。

石田流かっこいいなぁ

石田流やりたいなぁ

オススメの棋書ありますかね

・  入門に最適
・  一方的な形じゃない 
・  詳しい変化
・  一冊にまとまってなくてもいい
・  破りも欲しい (正直、今まで一番参考になったのは『四間飛車破り 急戦編』だから
・  新しい 
・  わかりやすい

これくらいそろう 良書はないですかねぇ

売れている本は 結構当てはまっている感じです

余談ですが、四間飛車破り急戦編は本当に参考になりました

本当は 急所3 が欲しかったんですけどアマゾンになかったんですよね

  


morning
Comments(0) TrackBack(0) 日記 | 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字