2010年12月12日16:56

勝手に将棋論 【早指し】

お久しぶりです。
今回は前から投稿しようか
まよっていたテーマです

詳しいことは個別記事で。




自分は早指しが苦手です。

故に早指しが得意な人を尊敬します。

ここからは自分の偏見なので信じる、信じないは個人の自由でお願いします

先日、某サイトを回覧していたらこんなことがかいてあった

『早指しは時間に追われるため荒い手になりやすい。
 いい手を指すとその手は身につくが悪い手も身につきやすい』

なるほど。 と思った。

たしかに早指しは時間に追われて、手詰まりしたときなどパニックになる  (自分だけ?

そんななかで指す手はよほど早指し慣れしたひとでも1手2手は悪手がでてしまうのではないのだろうか。

では逆に 長考と早指しで、どちらが上達への近道かと言われると

もちろん長考だと思う。

自分は、将棋倶楽部24 登録当初、長考ばかり指していた

まぁ そのときは持ち時間制になれていないのもあったのだが。

最近ではほとんど 15分、まれに長考といったところである

R では早指しは指した事がない (汗

しかし、一度だけ早指しを練習した時期があった

所属サークルの交流戦が早指しで行われると言われたからだ。

いざ、早指しをしてみようとなると 全然感覚が違う。

序盤はなんとかなるのだが、終盤がどうにもこうにもならない (苦笑

やっぱり早指しは経験なんだなぁ。

その交流戦も早指しの企画はなかった(?)ようで、

今はホッと、している  (*´ -`) =3 ホッ


本題に戻りますが 早指しは上達の邪魔をするのか?

…とまで いってしまうと実はそうでもない

プロは早指しの訓練をよくするようで、

秒に追われたギリギリの状況で手を指して訓練をしているらしい。

終盤が一番 読み時 (表現おかしいかな?) なのに持ち時間は少ない

そんななかで直感でいい手がさせるようにする訓練と聞いた。

しかし、あくまでプロの話。

我々アマは やっぱり早指しよりもしっかり考えた手を指した方がいいのだろうと思う

まぁ自分は人一倍、ポカが多くて 一局にポカがなかった対局なんてないくらいだ (笑

そんなわけで自分は早指しにむいてないのだ。

話がちょくちょくずれるが 自分個人の結論としては

早指しはなるべく避ける。


自分自身が弱いので偉そうなこといえる立場ではないのだけれども。 (笑



morning
Comments(0) TrackBack(0) 日記 | 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字