2010年11月27日19:15

相振りの指し方教えてください

さっき指した相振りの棋譜です
うーん。。。
誰か相振りの指し方
教えてください (汗






悪手が多いですねぇ

2手目は、相手が振り飛車なら居飛車の練習をしようと指してみましたが

中飛車模様だったので

よし、中飛車か。。。

無理を承知で 大好きな四間飛車を使ってみた。

囲いも変な囲い (苦笑


相振りの良書を金があれば買うのですが

いろいろ皆さんに勧められて どれを買えばいいのか迷っているのです


当初、自分は向い飛車を指していました 相振りでは。

しかし、低級タブのとき 相手が飛車振ったら負けていました 

2桁の時期もあったのです。 (レートの話です)

そもそも 相手が飛車を振ったら居飛車でいこうかなと思う今日にいたるまで

振り飛車相手に苦戦してましたね。


自分の美濃は崩れるくせに、相手の美濃は崩せない法則。

今でも相振り苦手なくせに昔は受け方も知らなかったので、

自分の美濃が以上にもろかった ^^;


自分は こがも隊 という将棋サークルに所属しているのですが

今年の8月、入隊したときは

囲いは美濃しか知らなくて (汗) 

サークルの先輩に相振りの指し方を教えてくださいと頼んだら


相振りは振る筋が少ないほど有利ですよ

…と。 最近ではその考えも見直されているようですけど

一理あるなぁ と思い 向かい飛車にしたところ………

角道を止めるため 三間飛車の受け方が分からず

美濃以外の囲いを試す事になりました

金無双…… 簡単な囲いだなぁ 使ってみるか!

……当然、いきなり使っても敗北。


さらに他の人に相談すると (本買え! 本!

穴熊に組むと作戦勝ちするよ。 … うん、なるほど。

相振りの穴熊は歪な形だなぁ。 とりあえず使おうか。

…よこから攻められ敗北。

相振りでなんで横から攻められる展開になるんだろう…

あ 本局もそっか (笑

向かい飛車 & 穴熊 の時代がレート300~。

その後、 だんだん四間飛車定跡を学んでいくうちに

相手が四間なら居飛車を使おう!

という発想が脳裏に過る。

しかしコレはあくまで後手番の話。

自分は先手番のときに 3手目に6六歩をつくので

必然的に相振りになってしまう。

後手番のときは 相手がどの筋に振るか分からない。

四間飛車カモーン と思い、 8六歩をつき、

その時、初めて居飛車というものをネットで指した。

相居飛車は現在でも経験なし。

対抗形で戦うのもいいなぁ と思い指していると 

美濃でも すぐ崩される自分の舟囲いは 短手数で崩壊した。

あれ? こんなはずじゃない。 もっと舟囲いは固いはず。

あ、城主が自分だからもろいのか。


囲いの受け方専門の本あまり 見かけない

振り飛車党のくせに 受けるのは苦手。 終盤は苦手。 (笑い事じゃないからなぁ)

ひとたび不利になると、逆転した事は記憶にない。

相手が手詰まりして時間切れで勝ったことはあったが。


話はずれてしまったが ( と、いうより 話の本筋はなんなのか?

対抗形にしても 舟囲いの扱い方が わからず断念。

……………今に至る。


とりあえず目指すのは ・ 振り飛車らしい勝ち方 
              ・ 相振りの克服
              ・ 居飛車穴熊の克服
              ・ 美濃の受け方を学ぶ
              ・ 居飛車急戦の定跡を覚える
              ・ 寄せが出来るようになる
              ・ なんやかんや 強くなる
              
まとめてみた。

やはり、 人はまとめて頭を整理し、目標に向っていく事が大切である

まとめてみると改めて分かる事がたくさんある。

たとえば 自分は実は初心者同然ではないか!?

おっと、長文になってしまった

ここまで読むとは貴方もよっぽど暇ですね (笑

棋書を読んだ方がよっぽどためになると 思うかぎり。



今、一番の課題は 振り飛車らしい勝ち方。

苦しい終盤でのカウンター。 

しかし自分は終盤になればなるほど 不利になる。

終盤力アップに 詰め将棋 をやっている 今日この頃。

舟囲いでもきついのに穴熊なんかはもう無理ですな ハッハ。

一時期は カモン穴熊! という時期もあった

低級タブに居たときは 大抵腰掛け銀で勝っていた。

しかし 当然 その戦法も通用しなくなってくる

話の趣旨がずれまくりで申し訳ない もう少しお付き合い願う。



6七金型のバランス重視の組み方。

うーむ、 最近はコレばっかりですな


自分の中では 穴熊期 というものがあり、

対局する人の5割が穴熊を使ってくる時期である

レートが400前後のときくらいです

そして穴熊対策を勉強して、  勝率は対舟囲いより高かった。

しかし、 その時期も終わり、 

右四間が多くなった時期もあった

そして今週、 穴熊期再来。

フリー対局 4局中 3局 穴熊。 コガモ隊員さんも穴熊。

さっき指したフリーも穴熊。 そして負けた。

穴熊率が以上に高い 時期を心の中で穴熊期と言っている。

戯言ですので忘れてください ^^;

しかし、穴熊期とはいったものの、

穴熊になるのはすくなく、 1二香としてから相手陣は発展しなかった

自分が無理に開戦させた。  そして負けた。 また負けた。 たまにかつ。

さっき負けた。

棋譜を張ろうと思ったのですが

棋譜解析をしていたところ、 パソコンが重いのか、

とまってしまい 保存するのを忘れたままシャットダウンしてしまいました



おっと、 そろそろ時間もなくなってきたので今日はこの辺で。

中途半端な終わりで心がすっきりしないでしょうね (・ ・ ;)
  



morning
Comments(0) TrackBack(0) 日記  棋譜

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字